じこまん大学生しーまん

一般的な大学生が、自己満的な記事を上げていきます。

脱初心者!これだけは覚えておきたい筋トレ用語【超基礎筋トレ用語集】

 

 

 

 筋トレを始めると、YouTubeやwebなどで筋トレ方法や食事法について調べると思います。でも難しい専門用語が出てきてわからないことがある、、、そんな時のためにわかりやすく基本的な筋トレ用語についての解説をまとめたいと思います。これさえ覚えておけば話が全くわからないということはないと思います!

 

 

 

 目次

 

 

 

ワークアウト

 身体を動かしたり、鍛えることです。主に筋トレのことを指します。

 

バルクアップ

 筋肉を増やして身体を大きくすることです。

 

パンプアップ

 トレーニングをして負荷をかけることで一時的に筋肉が大きくなることです。

 このパンプアップしたかどうかが良いトレーニングだったかどうかの指標の一つにもなります。

 

フリーウエイト

 バーベルやダンベルを用いて行う支えのないトレーニングのことです。

 

レップ

 1回の動作を表します。つまり腕立て伏せ10回は10レップということになります。

 

セット

 動作を数レップし終えたらそれが1セットになります。つまり腕立て伏せ10レップを3度繰り返すことは10レップ3セットということになります。

 

RM

 (レップマックス)の略で、動作を繰り返し行える最大のレップ数のことです。5RMは5回で限界を迎えること、10RMは10回で限界を迎えることを指します。

 

PR

 (パーソナルレコード)の略で、自己ベストのことです。回数や重量、時間などの記録を表す時に使います。

 

コンパウンド種目

 複数の関節を同時に使う種目のことで、複合関節種目とも言います。複数の筋肉を同時に鍛えることができます。ベンチプレスやデッドリフトがこれにあたります。

 

アイソレート種目

 反対に、1つの関節のみを使う種目のことで、単関節種目とも言います。アームカールやレッグエクステンションがこれにあたります。

 

コンセントリック(ポジティブ)

 短縮性収縮のことで、筋肉が短く収縮することを言います。コンセントリック動作と言うと、ダンベルを引いたりあげたりする動作を指します。アームカールで言うとダンベルを持ち上げ、肘を曲げる動作になります。

 

エキセントリック(ネガティブ)

 伸縮性収縮のことで、筋肉が伸張することを言います。エキセントリック動作と言うと、ダンベルを下げたり、降ろしたりする動作を指します。アームカールで言うとダンベルを降ろし、肘を伸ばす動作になります。

 

チーティング

 反動をつけて動作を行うことです。負荷は逃げてしまいますが、より重いものを上げることができます。

 

マクロ栄養素

 三大栄養素のことで、炭水化物(糖質)、タンパク質、脂質を指します。

 

PFCバランス

 Protein(プロテイン、タンパク質)、Fat(ファット、脂質)、Carbohydrate(カーボ、炭水化物)をマクロ栄養素を略してPFCと呼びます。そして、食事におけるPFCの割合のことをPFCバランスと呼びます。

 

アナボリック

 筋肉の合成が筋肉の分解を上回っている状態。つまり筋肉が大きくなりやすく、栄養が十分に補給されている状態を指します。

 

カタボリック

 筋肉の分解が筋肉の合成を上回っている状態。つまり筋肉が分解されやすく、栄養が足りていない状態を指します。

 

イージーゲイナー

 体脂肪がつきやすく、太りやすい人のこと。栄養を吸収しやすいため太りやすいのですがが、筋肉もつきやすいです。

 

ハードゲイナー

 食べても太りづらい人のこと。栄養をうまく吸収できないため太りにくいのですがが、筋肉もつきづらいです。

 

 以上が超基本的な筋トレ用語のまとめになります。 これから筋トレを本格的にやろうと思っている人は覚えるべきでしょう。そこまで本格的でない人も知っておいて損はないと思います!

 

 読んでいただきありがとうございました。