じこまん大学生しーまん

一般的な大学生が、自己満的な記事を上げていきます。

なぜ健康に気を使うべきなのか、大学生が真剣に考えてみた。

 

 なぜ、私たちは健康に気を使うべきなのでしょうか。

 

 僕が考える健康に気を使うべき理由は二点あります。

 

 

 病気は苦しいから

 病気、体の不調というのは本当に辛いものです。肉体的な痛みにより精神的な苦痛も伴います。僕は幼少期からアトピー性皮膚炎を患っていましたが、痒みや痛みは本当に苦痛でした。そしてそれによる精神的ストレスも相当なものでした。僕はもう2度とあんな思いをしたくないと心の底から感じたため、必死に勉強し体に気を使った健康的な生活をしています。重い病気を患ったことのない人でも頭痛や腹痛などに悩まされたことはあるでしょう。一日で治るとしてもすごく辛かったと思います。

 

 実際に病気などで本当に辛い経験をしないと、健康を意識することはないと思います。健康な時はその苦しさがわからず、体に気を使わないものです。また、治るとその苦しさを忘れてしまうことが多いです。

 

 しかし、病気になってからでは遅いこともあります現代の医学では治療法が確立されていない病気に罹患してしまう可能性もあります。そして、多くの時間を治療に使ってしまうことや、身体的な制限によりやりたいことができなくなってしまうかもしれません。

 

 このような苦しい思いをしないために健康に気を使うべきです。

 

  しかし、自分はいつ病気になってもいいから、体に悪くても好きなものを食べたい!酒やタバコもやめたくない!という人や、後のことは考えず好きなことをしたい!という人もいると思います。

 それは個人の自由だと思います。各々の人生観なので僕がとやかく言うことではありません。

 

 ただ、そういった人たちに知っておいて欲しいことがあります

 

 

  それが健康に気を使うべき理由の2つ目です。

 

 

 家族に迷惑がかかるから

 

 皆さんは「健康寿命」という言葉をご存知でしょうか。

 健康寿命とは日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと(wikipedia)です。

 

 ここで見て欲しいデータがあります。 

 

 平均寿命と健康寿命の差

f:id:todaylife:20180407020550p:plain

                    (厚生労働省より 2013年)

 

 注目して欲しいのは平均寿命と健康寿命の差です。男女ともに10才以上離れています。つまり、日本人は寿命を迎えて亡くなるまでに自立した生活が遅れず、医療や介護を必要とする期間が約10年あるということです。

 

 病気や老衰により医療や介護が必要になると、医療費や介護費用がかかります。家族には介護や病院への送迎や身の回りのお世話など多くの労力がかかります。これが平均して10年以上続くわけです。

 

 高齢者の医療費や介護費用をざっと調べて見ました。

 厚生労働省の平成27年年齢階級別国民医療費によると、70才以上の人口一人当たりの国民医療費は84万円だそうです。しかし、健康保険の高額療養費制度が適用されるため70才以上の高齢者でも一般所得者は1ヶ月の医療費の支払い上限は12000円となっています。これはそれほど重荷ではないかもしれませんが、通院となると送迎の労力や交通費などがまた別途にかかります。

 

 

 在宅介護にかかる費用 

f:id:todaylife:20180407024512p:plain

 (家計経済研究所 「在宅介護のお金と負担」2016年度調査報告より)

 

 この表を見ると在宅介護には平均して1ヶ月6,9万円かかっていることがわかります。

単純計算でも10年で828万円かかることになります。その上在宅介護では毎日のお世話をするのは家族なので多大な労力がかかります

 

 老人ホームや介護施設などは労力はかからない分、平均的な相場として1ヶ月7〜40万円かかるそうです。これを10年近く払うととんでもない額になります。 

 

 介護による精神的ストレスで鬱になってしまうなど、過酷な介護疲れがニュースになることが多いです。それだけ介護は多くの労力、費用がかかります。

 

 皆さんは家族にこのような想いをして欲しいでしょうか。

 もちろん、普段から健康に気を使っていても病を防げないことはありますし、家族に介護をしてもらうのは仕方にことでもあります。しかし、病気のリスクを減らすこと、そして健康寿命を伸ばし、介護や医療を受ける期間を短くすることは、今のうちから健康に気をつけることによって可能なはずです。

 

 

 

 自分はいつ病気になってもいいから暴飲暴食や酒タバコはやめない!という人は健康寿命という言葉と、病気になると苦しむのは自分だけではないという事実を頭に入れて欲しいと思います

 

 

 以上の、病気は苦しい、家族に迷惑がかかるという二点が僕の考える健康に気を使うべき理由です。

 

 皆さんも少しずつでも良いので、できることから健康を意識して体に気を使って見てください。

 

 読んでいただきありがとうございました。