じこまん大学生しーまん

一般的な大学生が、筋トレやプログラミングを通して自分的に満足できるカッコいい人間を目指すブログ。

【アトピーにも効果的!】タンパク質は肌を綺麗にする!積極的にタンパク質を摂るべき理由

 

 

 

 こんにちは。しーまんです。

 

 

 今回は三大栄養素の一つであるタンパク質について話していきます。とてもとても重要な栄養素なので最後まで読んでいってください!

 

 

 ・タンパク質を摂るべき理由

 

 内臓や肌、髪の毛など身体の多くはタンパク質で作られています。身体の

60〜70%は水分ですが、次に多いのはタンパク質で約20%を占めます。

 

 もし、タンパク質が足りないと内臓や肌はボロボロになり、身体に次々と不調をきたすようになります。

 

 また、ホルモンや免疫抗体、酵素など身体にとって重要な役割をもつものの多くがタンパク質からできているので、タンパク質を摂取することは非常に大切です。

 

 

 また、筋肉もタンパク質でできています。毎日摂取しているタンパク質が足りないと筋肉はどんどん小さくなり、その結果代謝が悪くなってしまいます。代謝が悪くなると血行が悪くなり、老廃物が排出できなくなったり内臓機能が低下します。さらに、体温が下がることで免疫機能も低下してしまいます。

 

 逆に筋肉量が多くなることでこれと反対の効果を得ることができます。老廃物はスムーズに排出でき、内臓機能や免疫機能がUPします。

 

 

 

 ・タンパク質の摂取量

 

 タンパク質は身体の内側の重要な器官から使われていくので、皮膚の生成に使われるのは最後です。そのため肌を綺麗にしようと思うと多くのタンパク質を摂取する必要があります。

 

 一般的には体重1kgあたり1gのタンパク質を摂取すべきと言われています。例えば

60kgの人は60g摂取した方が良いと言われていますが、僕は1kgあたり1.5〜2g摂取すべきだと考えています。この数字は科学的な根拠に基づいている訳ではないのですが、僕自身の体感として1.5〜2g摂取すると身体の調子が良いと感じます。皆さんも自分に適切な量を探していってください。

 

 タンパク質を摂ると筋肉つきすぎるとか太るとか言っている人も多くいますが、タンパク質を多く摂取しただけで筋肉がつきすぎることはありません。そう簡単に筋肉はつきません。バーベルやダンベルなどでウエイトトレーニングをするなど高負荷で超ハードなトレーニングをしない限り、いわゆるマッチョにはなりません。

 タンパク質を1gあたり4kcalなので高カロリーではない上に、タンパク質だけいっぱい食べるということは難しいので太りすぎることはありません。太るのはピザやフライドポテトなど質の悪い油と糖質を一緒に摂取した時です。

 

 また、筋肉の方が脂肪よりも1gあたりの体積が小さいので同じ体重でも筋肉量が多い人の方がすらっとしていて細く見えます。

 

 

 

 ・摂るべきタンパク質 

 

 タンパク質は主に動物性タンパク質の肉や魚、植物性タンパク質の大豆などの豆から摂取できます。動物性と植物性のどちらかに偏ってしまうのはあまり良くないので色々な食材から摂取するのがオススメです。

 

 肉は脂身がついていて、脂身は良質な脂質ではないので肉を食べるときは脂の少ないヒレ肉や鶏むね肉などがオススメです。

 

 

 タンパク質を体重1kgあたり1.5から2g摂取しろと言ったものの、食事からこの量を摂るのは大変ですし食費もかかります。そこで僕はプロテインを飲むことをオススメします。肉や魚を食べるより安く効率的にタンパク質を摂ることができます。

 

 プロテインは大豆プロテインがオススメです。普段の食事は肉や魚を食べることが多いと思うので、プロテインで植物性タンパク質を摂るのが楽です。また、プロテインには美味しく飲みやすくするために大量に砂糖や添加物が入っているものがあり、それは避けたいので、できればノンフレーバーを選ぶようにしてください。

 

 

 

 

 タンパク質は本当に大事なので、少しずつでも摂取量を増やしていってほしいです。

 次回の記事では糖質制限についてお話しします!

    読んでいただきありがとうございました!