Seaman Lifestyle

一般的な大学生が、筋トレやプログラミングを通して自分的に満足できるカッコいい人間を目指すブログ。

【書評】読む価値あり!アトピーにも効果あり!『世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術』

 

 

 僕は昨年、大学で細胞生物学という学問を勉強していたのですが、その時に細胞膜がアブラで覆われているということを知り、「良いアブラを摂取すれば細胞膜も元気になり健康的なのではないか!肌も綺麗になるんじゃないか!」と思い、ネットで調べこの本を買いました。結論から言うと読んで良かったです。

 

 この本は、幼い頃はADHD(注意欠陥・多動性障害)を持っていて、学校の授業にもついて行けず特別クラスだった著者のアイザック・ジョーンズさんが、どのようにしてアメリカでも著名なライフ大学院を首席で卒業して、数多くのクライアントを抱えるドクターになったのか、その食事法について書かれています。

 

 主なテーマは糖質制限と脂質(アブラについてです。

 

 ざっくりな構成としては

 

 ・第1章 ファットバーニング(脂質代謝)について

 ・第2章 糖質はなぜ身体に悪いのか

 ・第3章 良いアブラと悪いアブラについて

 ・第4章 アブラ生活がもたらすメリット

 ・第5章 オススメの食事法

 

 という感じになっています。

 

 では、各章についてどのようなことが書かれているのか見ていきます。

 

1章

 現代人は炭水化物や甘いお菓子などの糖質を燃やし、エネルギーとして活動しているが、糖質ではなく「脂質」(ファット)をエネルギー源とすべき、ということが書かれています。

 糖質を使うとエネルギー効率も悪く、血糖値も不安定で健康的でないし、第一、大昔の狩猟をしていた時代は炭水化物は安定的に食べれる物ではなく、ほとんどが肉や魚などタンパク質で糖質は摂取していなかった。穀物を栽培し安定的に食料を確保できるようになったのは人類の歴史から見るとつい最近のこと、と著者は言っています。

 脂質をエネルギー源とすることが人間本来の姿であり、身体のシステムも脂質代謝をするようにできている、ということがこの章では常に語られています。

 

2章

 糖質がいかに身体に悪いかについて書いてあります。

 糖質はAGE(終末糖化産物)というものに変わり、体内で炎症を引き起こし、さまざな病気につながるし、肥満の原因は糖質と悪いアブラの同時摂取だ、などと糖質を摂るべきでない理由が書かれており、今日食べたものであなたの身体は構成されていくから、しっかり考えて良いものを食べよう、とこの章はまとめられています。

 

3章

 まず、アブラの種類について書かれており、その中で摂取すべきアブラはどういうものか、逆に避けるべきアブラはどのようなものかが書かれています。この章は油についての知識がグッと増えます。それと同時に今まで悪いアブラをめちゃくちゃ摂取していたな、とゾッとします。

 

4章

 ファットバーニングにしたらどんな効果があったかについて書かれています。この章を読んだら脂質を積極的に撮りたくなると思います。

 

5章

 具体的にどんな食事をすれば良いのか書かれています。

 プチ断食をすることでファットバーニングの効果を効率的に高められるよ。と言ったことや1日に飲むべき水の量や、間食にはナッツやベリーがオススメだよとか、どうしても糖質が食べたくなったらどうするか、が書かれています。

 ファットバーニングを実践する上では非常に参考になると思います。

 

感想

 この本を読んだ感想としては、昔の狩猟の時代はファットバーニングだったという意見は少し理論性にかけるように思いましたが、その他この本に書かれていることにはほとんどベースとなる根拠が書かれており、論理的で理解しやすかったです。

 糖質や脂質についての知識も増え、今までは健康的だと思わず、意識的に摂ることのなかった脂質をうまく取り入れようと思いました。

 この本は忙しいビジネスマンだけなく、肌で悩む人にも非常に参考になると思いますし、今健康な人も将来のためにこの本の食事法を実践してみてはどうでしょうか。

 

 そして、僕はこの本を読んでファットバーニングを数ヶ月実践中で、プチ断食などは取り入れず、そこまで厳格にやっていないにも関わらず、明らかに健康的になったと思います。程度の差はあれこの本に書かれているような効果を実感することができました。

 

 もちろん、この本に書かれていることが全て正しい!と鵜呑みにするのは危険ですし、自分が納得して実践する価値があると思ったものだけ取り入れるようにしてください。

 

 

 皆さんも是非この『世界のエグゼクティブを変えた超一流の食事術』を読んでみてください。